バルトレックスについて話し合う人たち

バルトレックス効果検証委員会

バルトレックスという薬をご存知ですか?こちらはヘルペスを治療する薬です。当サイトではこのバルトレックスの効果や副作用などの検証、そして安く入手する為にジェネリックの存在があるのか?など調べていますので是非参考にしてください。

バルトレックスはどの性病に対して効く?

バルトレックスで治療
バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える飲み薬で、ヘルペスの治療で使用するのはもちろんのこと、再発予防にも使用される抗ウイルス薬です。有効成分のバラシクロビルは、ヘルペスウイルスのDNA伸長を停止させ、複製を阻害する作用があります。人間に感染するヘルペスウイルスは8種類存在し、感染する部位や症状によって分けられます。水ぶくれや発疹を作るのが特徴で、その他にも発熱やかゆみ、痛みを伴うことがあります。性病としては単純ヘルペスウイルス2型の性器ヘルペスがあり、病変部との接触で感染するようになっています。口唇ヘルペスに発症している時にオーラルセックスを行うと、そこから性器に感染することもあります。普段は神経細胞に潜伏して免疫力で抑えられていますが、疲労などで免疫力が低下すると発症して皮膚を攻撃することから水ぶくれなどができるようになります。感染者は非常に多く、症状が出ていないために気づくことはありませんが、潜伏感染の時でも皮膚や粘膜からウイルスが出てきて感染する可能性があります。初感染では高熱を伴うこともあり、激しいかゆみ、痛みを伴い、子宮頸管や膀胱にまで感染が広がることもあるため、早期の治療が必要となります。バルトレックスはこうした性器ヘルペスの治療に使用できますが、その他の性病には全く効果がないので注意しましょう。また、ヘルペスウイルスは症状が治まっても神経細胞に潜むウイルスがいることから、完治することが非常に難しく、再発する可能性が高いことでも有名です。バルトレックスは早く服用すればするほどヘルペスに効果を発揮するので、年に何度も再発する人は、早期治療のため手元に準備している人も多いようです。
◆ヘルペスにはこの成分の配合薬を
バラシクロビルで増えるウイルスを撃退